町内BBQでボントレ 和気あいあいのもと

今回は豊橋市内東小鷹野1.2丁目成年会の手筒花火縄巻きの反省会(作業が終ってからのBBQ)でボントレを使用していただきました。

毎週のように秋祭りに向けて手筒花火を製作しています。

縄が緩まないように一本の筒を数人がかりで作ります。お互いに助け合って作ります。万一、暴発しても怪我のないように細心の注意を払って作ります。

きまったね!

手筒花火は三河地方で江戸時代から続く伝統文化。無病息災、五穀豊穣を祈願し神社に奉納(花火を揚げること)します。どちらかといえば昔から成年男子の「度胸試し」というような文化もありますが、しかし、最近は「奥様」が揚げて「ご主人」が子守、なんて家庭も結構あります(笑)。時代の流れですかね・・・・

昨今の住宅事情で神社の境内でなかなか奉納ができなくなりつつあります。(消防法、保安距離の関係)市内のほとんどの町内は、大きな公園、野球場、学校のグランドで行います。花火は火薬ですので、やはり危険は付き物。奉納者の自己責任が大前提です。飲酒厳禁、怪我は仕事が出来なくなってしまいます。

奉納後の筒(黒く焼けています)は玄関に飾ると魔除になるといわれています。お店などは欲しいという方が多いです。私の自宅玄関にも数本置いてあります。

ボントレ BON-TRAY 町内BBQで活躍!

さて、手筒作りも一段落、お疲れ様会を兼ねた反省会・・・町内の真ん中にある公園で夕方から始まりました。

会場が町内の公園ということもあり大掛かりな設営が出来ない場所での使用例です。 テーブル類は食材を置くためのテーブルが数箇所、焼きあがった食べ物は各々のボントレへ。参加者からは、便利だと言う声をいただきました。

いただいたご意見

・準備でテーブルをたくさん出さなくて良い(=片付けも簡単)ので、助かる。

・片付け簡単!ダンボール古紙に出せばいいの? → ハイ、そうです。

・持って歩けるからから町内の人と話ができていいね!

・缶ビール置けないの? → 先日も小学生の男の子から「ジュースが置けない!」って言われました。作ったんですが、今日は持ってきてないんです・・・・すいませんm(_ _)m 。

開発した商品はこちら         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アタッチメントを作りました。

既存の500mlサイズの穴にはめてまわして引っ掛けると、350ml缶、500ml缶、ペットボトルがすっぽりはまります。缶は中身がなくなると軽くなり浮き上がろうとします。それを内側に張り出したR部分でホールド。中身が少なくなっても,缶が脱落することはありません。

(ボントレオプション品として注文可能) 標準=白 印刷もできます

素材は ユポ・コーポレーション<TM>の ポリオフィレンを使用。燃やしても塩素系ガスは発生しません。再生樹脂としても再利用が可能な素材ですので、使用後はダンボールと樹脂に分別しましょう!

エコに 便利に 和気あいあい!


ボントレを使うよいところは、会場準備にテーブルを用意しなくてもよいのです。また、参加者同士の移動が出来るためいろんな人が交流できます。マイコップ、マイ箸、マイトレーが一緒に移動して、所有者不明=ゴミ の減量にも役立ちます。

 

今回使用したボントレは 木目 白  紙皿は 膳彩J2輪島 紙コップ250ml用

撮影協力 東小鷹野1.2丁目成年会の皆様



 

BON-TRAYトップへ戻る