「メカパックス」とは?

【メカパックスブランドの取組】

時代は ダイレクトマーケティング そして メーカー直販方式へ


【市場の求めるもの】

当社はカスタマーオーダーメイド(ユーザーに専用の包装資材を供給)を基本に生産活動を行なっております。しかしながら市場では商品の多様化、少ロット化がすすみもはやこれが一般的なかたちになりつつあります。工業生産品の特性として少ロットによる生産はコストアップになる傾向があります。かといって大量に必要なわけでもない。いわゆるニーズの多様化がすすんでいます。既製箱という概念は過去からもあり生産ロットを引き上げ、大量に生産することにより価格を安く設定することができます。しかし当然ながら同じ商品が市場に溢れるわけです。


【他社との差別化】

他社との差別化をはかる包装資材としてオーダーメイドの箱は消費者に強く印象を与えます。但し、ビジネスにおいてはコストを意識しなければなりません。いくら格好良くても高価な包装資材はやはり受け入れられません。つまり、オリジナルの箱を既製品並みの価格で供給することができればよいと考えました。


【メカパックス商品の特徴】

当社は「メーカーだからできる」ことを最大の武器だと考えております。大量生産、大量消費の時代は終わりました。必要な時に必要な数だけあれば良いのです。そこで、メカパックスでは共通プラットフォームという考え方をしました。箱の構造となる部分を共通化し量産することでコストを抑え、そして、それにお客様オリジナルの仕上げを施し、限りなくオーダーメイドに近く、そして、価格を抑えた商品を提供することがでるようになりました。


【物流にとって最適な地域】

当社は愛知県東部、静岡県との境に位置し、日本列島のほぼまん中にあります。

東京までおよそ330Km、大阪まで300Km、名古屋まで60Km、大都市圏が翌日に着荷可能なエリアです。

【環境に配慮した製品づくり】

当社製品は「紙」を使用しております。紙はリサイクル優等生の素材、限りある資源を大切にします。そして、生産工程で排出される「故紙」を製紙原料としてリサイクルするのは当然のことながら、さらに故紙の種別を分別し、再生されるときにかかるエネルギーの省力化にも努めています。

チーム・マイナス6%に参加しています。